遺言書作成時の注意ポイント

遺言書作成時の注意ポイント

このページでは、遺言書作成するときに気を付けることを書いていきます。

 

遺言書は自筆証書がいいのか、公正証書がいいのかと言ったことではなく遺言書の内容について実務上の注意ポイントを書いていきます。知っていると手続きが簡略化されることや、知らなければ不測の事態に陥ること等もありますので参考にして下さい。

 

※遺言書作成時の全てのポイントを書くことはボリューム的に難しいのでいくつかピックアップしてます。

 

ご不明な点等ございましたら、お気軽に無料相談にお越しください。

 

→無料相談のご予約はこちらから

遺言書作成時の注意ポイント記事一覧

遺言書作成の注意ポイント1-相続人以外に預金を遺贈する場合の注意点

被相続人:父相続人:長男遺言書:M銀行預金を知人Aに遺贈する遺言執行者:B上記のような遺言がある場合でも、Bが遺言執行手続きを開始する前に、長男が銀行で相続手続きを行えば預金を引き出せてしまいます。もちろん、受遺者のAは長男に対してお金を返してと言えますが、銀行に対して、長男の預金引き出しは無効と主...

≫続きを読む

遺言書作成の注意ポイント2-不動産の清算型遺言の問題点

よく、ご相談で私の財産は不動産ぐらいしかないんです。私が住んでいるだけなので、亡くなった後は不動産を売却して、売却代金を分配してほしいということを言われます。【清算型遺贈概要】不動産の清算型遺贈は、不動産の売却代金を分配しますが、売却前に亡くなった方(被相続人)から相続人に登記名義を変更(法定相続分...

≫続きを読む

遺言・相続 に 関するご相談は、大阪遺言相続相談センターへ!

遺言 大阪

遺言 大阪

遺言 大阪


HOME 担当あいさつ 事務所案内 弊所が選ばれる理由 サポート料金 無料相談 アクセス