大阪の遺言相続専門事務所・無料相談実施中│大阪遺言相続相談センター

自筆証書遺言作成時気を付ける4つのポイント

公正証書遺言を作成されない方も、自筆証書遺言はすぐに作れますので相続問題についてお考えの方は必ず作成しておきましょう。

 

一番はもちろん公正証書遺言ですが、自筆証書遺言でもないよりはいいです。

 

自筆証書遺言のメリットは、立会人の必要もなくひとりで、いつでも、どこでも作成することができます。ただし、法律上有効な遺言書にするためには、基本的には次の要件を満たしておく必要があります。

 

全文を自筆で書くこと 他人の代筆、パソコン、テープレコーダー等は無効
日付(年月日)を自書すること 平成〇年〇月〇日というように作成した年月日を正確に記載します
自分で署名すること 原則として戸籍名どおりの姓名を記載します
自分で押印すること 認印でもかまいませんが、トラブル防止の意味から実印がいいです

 

※1.自筆証書遺言の場合、もしも書き間違えた場合は新しく書き直すのがベターです。訂正には厳格に決められたルールがあります。間違えた場合は遺言自体が無効になる可能性があります。

 

※2.縦書きでも横書きでも大丈夫です。

 

自筆証書遺言をする場合、紙や書く物はなにがよいか

自筆証書遺言に使う紙は何でも大丈夫です。便箋でも、ワラ半紙でも原稿用紙でも何でも大丈夫です。極端な例で言いますと、ふすまでも、まな板でも何でもいいです。

 

過去に、負傷した男性が血で体に遺言を書いたという事例があります。無効というわけではないんですが、あまりにも常識とかけ離れると意思能力が無いと思われてしますのでやめておきましょう。身近にある紙に書いておきましょう。

 

書く物は、マジックでもボールペンでも、鉛筆でも無効ではありません。しかし、鉛筆など、消せるもので書いた場合は、改ざんされる可能性があります。鉛筆などの消せるものでの遺言書作成はやめておきましょう。

 

封印について

封印をしなければ無効というわけではありませんが、遺言書の変造を防ぐために封印をしておきましょう。

 

自筆証書遺言は、「不備があると無効になります」し、「書いたときは意思能力が無かったと相続手続き時揉める原因」にもなりますので内容や様式にご不安な方は一度無料相談にお越しください。

 

遺言・相続の無料相談はこちら

遺言・相続 に 関するご相談は、大阪遺言相続相談センターへ!

遺言 大阪

遺言 大阪

遺言 大阪


HOME 担当あいさつ 事務所案内 弊所が選ばれる理由 サポート料金 無料相談 アクセス