大阪の遺言相続専門事務所・無料相談実施中│大阪遺言相続相談センター

検認手続きの流れ

相続時、自筆証書遺言を見つけたときは検認の手続きが必要になります。

 

全体の流れは下記のとおりです。

 

 

1.遺言書の発見……預かっている人、発見者が検認の手続き・封印がしてあれば開封しない

 

2.検認の準備……遺言検認申立書を家庭裁判所へ提出
              ・戸籍謄本・除籍謄本等添付資料確認
              ・相続人の住所、氏名など

 

3.検認の手続き……上記書類に記入、添付して提出
               ・公正証書遺言は検認不要

 

4.呼び出し場が郵送されてくる……家庭裁判所より各相続人に通知される

 

5.検認のため出頭……遺言書の開封、内容確認
                 ・検認申立書提出より約3週間から1カ月後

 

6.検認の終了……遺言書に「検認済」を表示して返還される
              ・立ち会わなかった人には検認終了の通知がされる

遺言書の検認を受けたからといって、遺言書が有効か無効かであることが確定するわけではありません。遺言書が有効か無効かについては、遺言書無効確認の訴があった場合、争われることになります。

 

 

大阪の家庭裁判所は3箇所あります。申立先は被相続人の最後の住所地の家庭裁判所です。

 

大阪の家庭裁判所の管轄はこちらで調べれます。

 

遺言書の検認申立書式などはこちら

 

大阪の家庭裁判所一覧

裁判所 郵便番号 住所 電話番号
大阪家庭裁判所 540-0008 大阪市中央区大手前4-1-13(地下鉄谷町線・中央線谷町4丁目駅2番出口から東へ150m) 06-6943-5745

06-6943-5746

大阪家庭裁判所

堺支部

590-0078 大阪府堺市堺区南瓦町2-28(南海高野線堺東駅から南西へ徒歩5分) 072-223-8634
大阪家庭裁判所

岸和田支部

596-0042 大阪府岸和田市加守町4-27-2(南海本線春木駅から南東へ徒歩12分) 072-441-6803

遺言・相続 に 関するご相談は、大阪遺言相続相談センターへ!

遺言 大阪

遺言 大阪

遺言 大阪


HOME 担当あいさつ 事務所案内 弊所が選ばれる理由 サポート料金 無料相談 アクセス