大阪の遺言相続専門事務所・無料相談実施中│大阪遺言相続相談センター

遺言書を作らない場合、誰にどれぐらい相続されるか

法定相続人

民法では、相続人になれるのは配偶者と血族に限定しています。配偶者(夫から見れば妻、妻から見れば夫)はどんな場合でも相続できますが、血族の範囲を無限に認めるとトラブルになりかねません。そこで、法律で相続人になれる範囲と順位を決めているわけです。

 

それが、法定相続人で「配偶相続人」と「血族相続人」の2種類があります。

 

配偶相続人
  • 配偶者→妻または夫

 

血族相続人
  • 直系卑属→子や孫、ひ孫など
  • 直系尊属→父母や祖父母など
  • 傍系の血族→兄弟姉妹・甥姪など

 

配偶者は常に相続人となりますが、血族相続人は全員が公平に相続できるわけではなく優先順位が決めれれています。上位の順位者がいる場合は、下位の順位者の血族に相続権はありません。

 

相続人の順位
  • 【第1順位】 直系卑属→子や孫、ひ孫など
  • 【第2順位】 直系尊属→父母や祖父母など
  • 【第3順位】 傍系の血族→兄弟姉妹・甥姪など

 

大阪 遺言 相続

 

法定相続分

相続人が2人以上いる場合は、相続財産をどのように分けるのかを決めなくてはいけません。相続財産を分けることを遺産分割といい、その割合を相続分といいます。
民法では、遺産分割について原則を定めています。その相続分を法定相続分といいます。

 

※遺産分割協議や遺言によって相続分を変更することは出来ます。

 

  • 相続人が配偶者と子の場合→配偶者2分の1・子2分の1
  • 相続人が配偶者と直系尊属(父母等)の場合→配偶者3分の2・直系尊属3分の1
  • 相続人が配偶者と兄弟姉妹→配偶者4分の3・兄弟姉妹4分の1

 

基本的な法定相続分の組み合わせ

 

配偶者と子供3人の組み合わせ

大阪 遺言 相続

 

子がいない夫婦の場合→配偶者と直系尊属の組み合わせ

大阪 遺言 相続

 

子がいない夫婦の場合→配偶者と兄弟姉妹の組み合わせ

大阪 遺言 相続

 

基本的には上記の法定相続人に対して、法定相続分が相続されることになります。

 

「法定相続人に対して、相続分が決まっている」からといって遺言書を書かなくても問題ないというわけでもございません。あくまで、法律の規定なだけで、「誰がよく面倒見た」「私は大学に行かせてもらっていない」など何かと感情的になり、相続人間で協議が進まなくなることがよくあります。

 

子供たち等、親族がもめるのは見たくないという方は一度無料相談にお越しください。税金対策を含め「もめない相続」が出来るようにサポートさせていただきます。

 

遺言・相続の無料相談はこちら

遺言・相続 に 関するご相談は、大阪遺言相続相談センターへ!

遺言 大阪

遺言 大阪

遺言 大阪


HOME 担当あいさつ 事務所案内 弊所が選ばれる理由 サポート料金 無料相談 アクセス