大阪の遺言相続専門事務所・無料相談実施中│大阪遺言相続相談センター

とりあえず遺言とは

とりあえず遺言とはどのような遺言だと思いますか。

 

一般的に公正証書で遺言を作成するには、公証役場との調整などで時間がかかります。人生何が起こるか分からず、急に交通事故で無くなってしまう場合もあります。そんなときには、とりあえず遺言を作成しておけば、遺言書を作成できないというリスクを回避することができます。

 

自筆証書遺言で作成しておけば、遺言は有効ですし、その後公正証書役場にて同じ内容の遺言を作成すれば、日付の古い自筆証書遺言は無効となり公正証書遺言が有効になります。

 

例えば子供のいない夫婦の場合は、とりあえず配偶者に相続させるといった内容の遺言を作成しておくと安心です。

 

 

子供のいない配偶者(妻)に全財産を相続させる例文

 

私は次の通りに遺言します。
私の有する全財産を、妻 田中恵子(昭和21年3月9日生)に相続させる。
なお、遺言執行者に上記田中恵子を指定する。
                              平成〇年〇月〇日
                        大阪府大阪市北区1-1-1
                          遺言者  田中太郎  印

 

※全文自筆

 

 

遺言・相続に関する無料相談随時しております。お気軽にお問い合わせください。

遺言・相続 に 関するご相談は、大阪遺言相続相談センターへ!

遺言 大阪

遺言 大阪

遺言 大阪


HOME 担当あいさつ 事務所案内 弊所が選ばれる理由 サポート料金 無料相談 アクセス